ホーム > 実施市町村・介護相談員受入れ事業所のご紹介 > 中部ブロック > 岐阜県 > 羽島市

実施市町村・介護相談員受入れ事業所のご紹介


羽島市

連絡先1

郵便番号 501-6292 住所 岐阜県羽島市竹鼻町55番地
担当部署 福祉部 高齢福祉課 E-Mail kourei@city.hashima.gifu.jp
電話 058-392-1111 
(内線:2554)
Fax 058-394-1240
事業開始年度 平成15年度

連絡先2 (事業を委託している場合、委託先の住所等)

郵便番号 501-6255 住所 岐阜県羽島市福寿町浅平3丁目25
委託団体名 羽島市社会福祉協議会 E-Mail fukushi@usiwakamaru.or.jp
電話 058-391-0631 Fax 058-391-0632

相談員数

相談員数(現在活動人数) 11人 うち現任研修修了者数
(独自研修含む)
2人

研修受講状況(平成25年度修了者数)

  全国研修 独自研修 合計
養成研修
24年度までの修了者数 6 6 12
25年度の修了者数 0 0 0
修了者数合計 6 6 12
25年度までの退任者数 1 0 1
実際に活動している介護相談員数 5 6 11
現任研修
24年度までの修了者数(延べ人数) 18 0 18
25年度の修了者数 2 0 2
修了者数合計(延べ人数) 20 0 20
事務局研修受講状況
25年度事務局研修受講の有無

独自研修

  養成研修 現任研修
独自研修実施の有無
独自研修時間数 0時間 0時間
カリキュラムの有無

居宅訪問

居宅訪問の実施
(居宅訪問による相談活動を行っているか)
訪問居宅数
(相談員が訪問した居宅数)
0件

受入施設・事業者数

  市町村内
全施設・
事業所数
受入施設・事業所数
合計 市内 市外
施設
サービス
介護老人福祉施設 4 3 3 0
介護老人保健施設 1 0 0 0
介護療養型医療施設 0 0 0 0
居宅
サービス
訪問
サービス
訪問介護※ 8 - - -
訪問入浴介護※ 2 - - -
訪問看護※ 00 - - -
訪問
リハビリテーション※
00 - - -
居宅療養管理指導※ 00 - - -
通所
サービス
通所介護 16 0 0 0
通所リハビリテーション 1 0 0 0
短期入所
サービス
短期入所生活介護 5 0 0 0
短期入所療養介護 0 0 0 0
特定施設
入居者
生活介護
軽費老人ホーム 1 0 0 0
養護老人ホーム 0 0 0 0
有料老人ホーム 0 0 0 0
サービス付き
高齢者向け住宅
(有料老人ホームの定義に該当するもの)
0 0 0 0
福祉用具貸与※ 5 - - -
特定福祉用具販売※ 5 - - -
居宅介護支援※ 19 - - -
地域密着型
サービス
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 0 0 0 0
夜間対応型訪問介護※ 0 - - -
認知症対応型通所介護 2 0 0 0
小規模多機能型居宅介護 3 0 0 0
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
14 5 5 0
地域密着型
特定施設
入居者
生活介護
軽費老人ホーム 0 0 0 0
養護老人ホーム 0 0 0 0
有料老人ホーム 0 0 0 0
地域密着型介護老人福祉施設
入所者生活介護
0 0 0 0
複合型サービス 0 0 0 0
住宅型有料老人ホーム 0 0 0 0
介護予防
サービス
訪問
サービス
介護予防訪問介護※ 00 - - -
介護予防訪問入浴
介護※
00 - - -
介護予防訪問看護※ 00 - - -
介護予防訪問
リハビリテーション※
00 - - -
介護予防居宅療養
管理指導※
00 - - -
通所
サービス
介護予防通所介護 00 0 0 0
介護予防通所
リハビリテーション
0 0 0 0
短期入所
サービス
介護予防短期入所
生活介護
00 0 0 0
介護予防短期入所
療養介護
0 0 0 0
介護予防特定施設入居者生活介護 1 0 0 0
介護予防福祉用具貸与※ 00 - - -
特定介護予防福祉用具販売※ 00 - - -
介護予防支援※ 1 - - -
地域密着型
介護予防
サービス
介護予防小規模多機能型居宅介護 2 0 0 0
介護予防認知症対応型通所介護 2 0 0 0
介護予防認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
14 6 6 0
 ・「※」の受入数について、居宅訪問未実施の場合は「-」と表示しています。
 ・「00」は調査中です。
 ・事業者数には、みなし数を含みます。

参考

施設・事業所への
相談員派遣頻度
(1カ月あたり平均)
1回
協議会の設置
(事務局、派遣先、相談員
の3者間会議等)
市町村の事業PR 年1回ではあるが3者で連絡会議を開催することで、お互いの要望や意見等を出し合い、共通認識がもてるようにしている。

戻る

↑ページの先頭へ